【心の名機】クラブロデオ(ロデオ)

実はこのブログのそれぞれのエントリー、一部を除いては結構時間掛けて書いてる。
時間掛けて書いた割には誤字脱字多いし削りが足りんが、それでもやっぱ一個あたり最低でも二時間くらいはかかってる奴が結構あるし、また、ひどいのは潔くボツにして削除してる。
その中でも「書いちゃ消し」が現時点で一番多いのがこれ。
ロデオの「クラブロデオ」だ。
もう3回くらいボツにしてるんだけど、これねー、書くのが凄くむずかしい。

なので逆に、短くサクッとまとめて短時間で仕上げてみよう。
考えすぎ良くない。

●スロ界最強の不遇台

異論はあると思うけど、俺はこの台、スロ界で最大級の不遇台だと思う。
理由は色々あるけど、まず事前の広告が半端なかった事。
広告規制前だったと思うけど、マジでバンバンCMで流れてまくってたからね。
雑誌にもぶち抜き広告出まくってたし、そもそもロデオ自体がかなり勢いがある時期のAT機だったし、社運をかけて、という言葉すら浮かんでくるほど気合入ってた。
そして蓋を開けてみれば、この台は生まれる前から死んでた。
死産である。

なんというか、ねー、これは雑誌も悪いんだよ。
出る前からバンバン特集組んで内部の解析の数字のっけたりさ。
しかもこれ、確か先行導入の段階である攻略ネタが晒されてて、色々あって導入から3日くらいでサクっと死んだ。

この辺の流れってやっぱ今となってはネット上にも殆どソースが無いし調べるのも大変なんで各々宿題として研究して欲しいんだけど、ザックリ言うと以下の二点が生み出した大きな「誤謬(まちがったウワサ)」が原因だと思うんだよね。
ちょうどネットの普及期と重なってそれぞれの正しい情報の選別能力も怪しかったのも一因だと思うけども、とにかくこの台の「悪いウワサ」は広がるのが早かった。

1)フリー制御で青7を揃える打ち方が存在する。
2)ペナルティがバグでひどい事になってる。

これ、正しいか嘘かは敢えて書かないけど、とりあえずこの二点は発売前からか、また、遅くても発売から一週間くらいでそれなりにアンテナが高いスロッターはみんな知ってる事だったんだ。
んで、この2つはかなり密接に関わっていて、それがスロッターの「警戒」を呼び起こすものだったんだよ。

どういう事か?
ちょっと説明してみる。

●バグバグ。

まず(1)の「フリー制御で7が揃う」だけど、これは揃ったとしても、やった時点でペナに入る。何故ながら逆押しが必須だから。
ペナ中のボーナスはJACゲーム(6択)が一切ナビされなくなるので、獲得枚数はあんまりない。
当然ボナ後の高確率状態への移行もないので、やったらやった分だけむしろ「損する」感じだった。
(実際に出来たかどうかはあえて言いません)

んで(2)だけど、これは「ペナルティの終了条件がバグってて、次回ボーナスまで解除されない」というもの。
普通はペナって5Gくらいで解除されるんだけど、ウワサではクラブロデオこれがバグってる、という事になっていた。先行導入で打った人からそういう話が続出だったんだよ。
つまり、スロッターとして心配なのは、やっぱり普通にうっててもうっかり間違って中押しや逆押ししちゃった場合だよね。どっかで一回でもそれやると、次回ボーナスがノーナビになっちゃうとするなら……怖くて打てない。

そんでこれだけだったらまだ「頑張って打とう」って人も居るかもしれないけど、(1)と組み合わせるとかなり凶悪な事になる。

つまり、前に打ってたやつが冗談で(1)の逆押しフリー制御を試してたとするなら……?
または、ペナバグを理解してて、うっかり間違って中押しなりをしちゃったあとやめた台なら……?
怖くて打てないよね。
そう。
この疑心暗鬼こそ、クラブロデオが爆死した一番の原因だと思う。

繰り返すが、その二個が事実かどうかは関係ないぜ。
そういうウワサが蔓延してたってだけでも充分だ。
なんせこの台、事前の広告キャンペーンで、知名度と期待だけはすごかったから。

●面白い台だったんだぜ。

しかし、クラブロデオはマジで面白い台だった。
何がどう面白かったか説明するのがちょっとむずかしいけど、内部がスゲー複雑な分、噛めば噛むほど味がでるというか、なんかもう美女あま噛みした後のスルメの如き台だった。
アーッ!アーッ!って言いながら突入するAT/集中も良かったし、演出も当時としては既に古くなりつつあったドットマトリクスフル活用だしね。音楽と同期しながら展開されるルーレットアクションとかなかなか見ていて楽しかったし、これは名機だったぜぇ。

そりゃかなり厳しい台だったけど、初日に打って6000枚ほど出てから一発で俺はこの台の虜になり、そして速攻で外されるまでの数週間ほど、マイホではこいつとがっぷり四つで取り組んだ。
その間にナビ無しボーナスを食らった回数は2回ほど。
1回は直前でうっかり中押ししたんで分かるが、1回は原因不明。
脳裏に「ああ、こいつマジでバグってやがんだな」と、初恋の相手が掛け算も出来ないバカだったという事実をつきつけられたようなショックを受けたけど、すぐにそれを打ち消し「たぶん無意識に逆押ししたんだろうな俺。そうに違いない」と、この台を愛すことを「ヤメなかった」。

たった数週間しか打てなかったからこそ思い出が思いっきり美化されてる気もするけども、とにかく、こいつはかなり面白かったんだぜ。

変なウワサさえなければなぁ。
でも今冷静に考えるとこれホントにバグってたような気がする。(真顔)
そうじゃなきゃあそこまで客飛ばねーよな。

なんてか、美人だけどワキガとか、美人だけど陥没乳首とか、そういう感じ。
惜しい台だった……。

 

▼ひっそりとブログ村参加中です。
ブログランキング・にほんブログ村へ

▼あと、ツイッターもやってます。

 

カテゴリー: ロデオ, 心の名機   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

答えを入れなきゃコメントできないよ! *半角数字でな! Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.