春きたる。

【お知らせ】ただいまユーザー参加型パチンコ・パチスロ情報サイト「パチ7」様のサイト内「自由帳」にて、自主的に連続コンテンツを連載中です。良かったら読んでやってください。アドレスはこちらです。検索に「あしの」って入れれば連載の一覧が出てくると思います。


チワッスあしのっす。
啓蟄。
これは「けいちつ」と読む。
啓は「啓蒙(けいもう)」の啓と一緒で、訓読みは「ひら(く)」だ。
この「啓く」は大乗仏教における「悟り(覚り)」に続く動詞として使われることからも分かるように、「新しい世界に目覚める」という意味になる。
なので啓蒙の場合、蒙が「幼稚さ」「暗愚さ」を意味する言葉なので、併せて訳すと「暗愚さを正して目覚めさせる」という意味になろう。
んで冒頭の「啓蟄」だけども、蟄(ちつ)はエロい単語じゃなくて「蟄居(ちっきょ)」の蟄だ。
蟄居っつって聞き覚えがある人は結構な読書家だと思うけども、つまりは「引きこもって過ごす」の事でして、蟄単体では「引きこもる」という意味である。
成り立ちとしては漢字の形を見れば分かるように「冬眠中の虫」から来てて、要するに啓蟄は「冬眠中の虫が目覚めるよ」という意味の単語なのです。
で、本邦では今の時期、3月初旬のことをまさしく「啓蟄の候」とか言う。

春がきた! というには早い時期だけど、啓蟄はとっくに過ぎてるので、敢えて言おう。
春ですね。いかがお過ごしですか? と。

さて。今回は久々の日常エントリだ。
冒頭から無駄に賢さアピールできて大満足なり。

●自炊道具揃えた。

まずは自炊道具を揃えましたよ、のご報告。
つうか今まで冷蔵庫すら無かったのです。我が家。
思い返せば一昨年末。ニコナナの方で連載してた「ろまん回胴」の最終話は「干支子ちゃんに美味しいケーキを焼いてあげるために、冷蔵庫などを揃えよう! そしてその金はスロで稼ぐぜ! 以下、新章突入!」みたいなノリで終わったものだけど、気付いたらそれからまるニ年。
満を持して始めた「ろまん回胴オルタナティブ」は結局恋愛話で落ちを付け、ついぞ冷蔵庫は買わず。
その後の連載「5スロで稚内」は何か知らんが冷蔵庫とかは放っといて脳内すごろくで稚内を目指すとかいう謎の企画な上に途中で打ち切りの憂き目にあったので、つまるところ俺自身がもはや冷蔵庫とかがどうでも良くなっておった。
とはいえ干支子ちゃんへの愛が冷めたとかそういうのは一切なく、むしろ彼女への執着はいと深き部分まで俗化しておりまして、もはや粘性まで帯びたる所存。
この度いよいよもって干支子ちゃんとカレーとか作れたら楽しいよねウフフみたいなノリに居ても立ってもいられなくなり、買い揃える事にしましたとさ。何を。自炊用具一式を。一式を。だ。

一式。金持ってんなあしの! とか思うかもしれん。
全然ねーよ。
なので当然向かった先は──。

S__10043436

リサイクルショップだ。
いやーもう入った瞬間えげつなかった。
圧倒的な家電量。
まるで粗大ごみのようにうず高く積み上げられた冷蔵庫。電子レンジ。ガスコンロ。エアコン。テレビ。そして炊飯器。
しかもどれもコレも冗談みたいな値段で売ってあってさ。
おまけに状態も確認し放題の通電し放題で、電器屋勤務の俺としては「目利き」が充分に試せる絶好の機会だったよ。
人が使ってたというのを加味して考えても、どう見ても新古品みたいなランクのピッカピカキュンな冷蔵庫とかあったりしてヤバかった。しかもクッソ安いし。
おかげで人生初の「家電酔い」を体験した感じ。

S__10043435

設置ドーン。
実は設置したのは俺じゃなくてこのブログにもちょいちょい出てくる「つっちー」だ。
彼に関しては書くべきことが山程あるので別の機会に。
さらに最近懇意にしてる「しまもん」という男がいた。
というかむしろリサイクルショップにも一緒に行ったんだけども、彼に関してもまた今度。
あ、予告しとこう。次回エントリは「人生初スロの『男』」だ。
シリーズ初の男性回だね。
なお、上の写真、窓際に写っちゃってるのは「ろまん回胴」にてコンチちゃんから貰った「さとご」の植物ちゃんだ。
もう半分枯れてるね。仕方ないね。
あとシンクすげー汚いね。だって入居してからいっかいも料理してないしね。仕方ないね。この後すぐ超掃除したよ。

S__10043437

はい、干支子ちゃんと初めて作った牛すじカレー。
めっちゃ旨かった。
最初に言っとくと俺「料理できる」んだよ。ちょっと。
一方、干支子ちゃんなんだけども──……。

「わたし全然作った事ないです。でも出来ると思います!」

っていうから、まあとりあえず試しに玉ねぎ切らしてみたんだよね。
買ったばっかの包丁で。
なんかもうお前絶対それ指切断するだろうみたいな切り方しててさ。
ちょっと説明が難しいけども、丸っこい玉ねぎを、千歳飴でもぶった切る如く、垂直に刃を当てて両手で体重掛けてグイグイやってんだもんな。

「ウオオイッ! スターップ! 危ないよ! 干支子ちゃん!」
「え、なんか変でした?」
「明らかに危ないでしょ……! ちょっとほら、包丁斜めにして。くいってやりながらやってごらんよ」
「こ、こうですか?」
「そうだよ。テコの原理だよ。包丁の先っぽを支点にして。作用点が玉ねぎね」
「わ、分かりにくい……。ちょっとやって見せてください……。わたし見て覚える派なので!」
「よっしゃ。こうだよ」
「げ。慣れてますね……。なんか腹立つ……! もっかいやらせてください!」

で、色々あって出来たのが上のカレーだ。
なんか知らんが甘かった。
でも美味しかった。

とりあえず、やりたいことが1個ちゃんとやれて良かったよ。
以後、自炊生活に入る。ウェーイ。

●連載はじめた。

次、連載の話。
前回のエントリでブチ上げたんでもう読んだ人もいらっしゃるかとは思うけども、ユーザー参加型パチスロ・パチンコ情報サイト「パチ7」さんで勝手に連載始めた。
無料で読めるし、会員登録すれば誰でも書ける。
いきなり始めた理由は色々あるけど、すげー簡単に言うと「ライターに戻りたいな」と思ったからだ。
もう商業ベースの物書きの仕事なんか三ヶ月に一本くらいしかやってないんで、カンを取り戻すためにも、己に締め切りを課した上で、知らん人に読んでもらって評判をみたいなーとか思ったからです。
連載のネタは「オカルト研究」で、タイトルはズバリ「究極のオカルトを求めて。」だ。
とりあえず予告がてら5回目までのネタをバラしとくので、興味があったらたまに見てやってください。

・第一回「究極のオカルトを求めて」
自己紹介とオカルト概要の話。

・第二回「インタビュー・ウィズ・オカルター」
浅草最強のオカルター、マダム・バタフライ(仮名)へのインタビュー。

・第三回「美輪明宏待受打法」
美輪明宏のケータイ待ち受けにするとスゲー出るらしいので試す。あと風水の話。

・第四回「陰毛お守り打法」
女性の陰毛がお守りになるらしいので試す。あとヴァレンドルフのヴィーナス像などに代表される女性器崇拝の話。

・第五回「稲荷神社参拝打法」
ギャンブルの神、お稲荷さんに参拝してから打ってみる。稲荷信仰と狐ツキ(敢えてカタカナ)の話。

ネタ決まってるのはここまで。
あとはどっかで激エロいのを投下する予定。
というか内容をこう書くとハッキリ分かるけど、基本ふざけたネタだけども落ちとしては毎回ちゃんとしたリアルな「オカルト」に絡めたい。
パチにおける「オカルト」と本義の「オカルト」のコラボ。
ちょっと怖くて笑えて下品でエロいのにしたい。とか思ってるけど、ちゃんとできるかのう。
あ。二回目だけはオカルトに絡めるのが無理だったんでタイトルだけホラー映画からとった。

そんな感じ。良かったら読んでください。
ちなみに昨日投下した二話目はこちら。
一話目から読みたい人は「自由帳」のページで「あしの」って検索すると出てくると思うのでぜひ。
俺も書きたい! と思った人は会員登録すれば普通に連載だろうがなんだろうができちゃうので、一緒にやろう。
旅は道連れ、世は情け。袖振り合うも多生のえにし、だ。

以上。
更新頻度がしょぼくて申し訳ございません。
筆勢の衰えは厭というほど自覚しておりますが、創作意欲の高まりはビンビン来てます。
さらば雌伏。
啓蟄だ。

というわけで。
今後共よろしくおねがいします!
イエア!

あしの

 

▼ひっそりとブログ村参加中です。
ブログランキング・にほんブログ村へ

▼あと、ツイッターもやってます。

 

カテゴリー: スロ以外   パーマリンク

春きたる。 への2件のコメント

  1. ゆうまる より:

    二回目も死ぬほど面白かったです。

    四月はいつ休みですか?

    • あしの より:

      ゆうまるさん!
      チワッス!
      返信すげー遅れて申し訳ないです……!
      4月とうか、もはや6月っすね! 土日です! イエア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

答えを入れなきゃコメントできないよ! *半角数字でな!

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">