【スロ論】腰痛とスロッター

スロッターは、ふたつの十字架を背負ってこの世に生を受ける。
例外なく、全てのスロッターがだ。
これはもう、天地万物において必定の理なのである。

ひとつめの十字架。
それは痔だ。
ホールを見渡してみるがいい。
ジャグラーをペカらすあの爺様も、またはミリゴでハマりつづけてるあの娘も。
朝から並んで新台に特攻する若者も、ネクタイを緩めくわえタバコで台を見つめるサボリーマンも、ドル箱シェイクに余念がない、スタッフに変なアダ名付けられてる常連のオッサンも──、みな等しく、アナルを患っている。

「俺は痔なんかじゃない」という御仁も居られるだろう。
残念ながら、それは幻想である。
スロッターはみな痔なのだ。
もう一度言おう。
悲しいかな。スロッターは、みな痔なのである。

スロを愛し、ホールに通えば通うほど──……。
スツールか、或いはチェアーにケツを落ち着け。
タバコに火を点けることも。メシを食う時間すら忘れ、融け合うように。
台と向きあえば向き合うほど。理解するほど。愛しあうほど。
痔とスロッターとの距離は近づいてゆく。
比翼恋理。アンドロギュノス。マーブルチョコ。ライナスと毛布だ。
両者は不可分なのである。

それでもなお「俺は痔ではない」と言い張る御仁には「アナルつよし」というアダ名を付けてやろう。
ハーイつよし! ユア・アナル・イズ・ソー・ストロング!

まあいいや。
ふたつめの十字架。
それは「腰痛」だ。
こっちが重要。
以下本題です。

……前回スロネタ封印! とかいいながら、いきなりスロネタって果たしてどうなのか知らんけども!

続きを読む

カテゴリー: スロ論 | 4件のコメント

やめるやめる詐欺。

ええ、9月27日にやめる宣言してから三ヶ月半くらいか。
およそ100日。久々にワードプレスの管理画面開いてます。

チワッスあしのっす。
ご無沙汰しております。

一回やめる! つったらスパっとやめるのが偉いんだけども、復活する事にした。
俺からブログを取ったらホントにただ電気屋で「しゃせー」つってるだけのオッサンだし、それはそれで雌伏というか、隠棲してる感じで具合がいいかとも思ったんだけども、いや実際体験してみると、「何かあった時にクダを巻く場所がない」というのは、所在なさすぎて辛い。
ふにゃりんこだ。

だので、戻ります。
ホントすいません。ご心配おかけしました。
前回の辞める辞めるエントリはうたかたの夢だと思って忘れてください。
コメントごとサラっと消します。
たくさんの励ましや惜別の言葉を頂きましたが、ホント申し訳ありません。
代わりに──というかそれしかできないんで当然なのですが──面白い読みものでお返しします。
今回の件で俺を見放す方もかなり多かろうと思いますが、読み続けてくださる奇特な、そして心あたたかき諸兄には、必ずや通勤時間や、あるいはホールの並び時間を短縮せしめる、爽やかな笑いを提供させていただきますゆえ、どうぞ、よしなにお願いします。
改めまして、この度のやめるやめる詐欺、申し訳ございませんでした。
今後共、よろしくお願いいたします。

あしの。

……うむ。謝罪完了。
これより本文に入る。

続きを読む

カテゴリー: スロ以外 | 34件のコメント

さらば毛布よ

チワッスあしのっす。
いきなりだけどこのブログ辞めます。
別のジャンルいく。

理由は非常にシンプルでして、まあこのご時世大半の人が思ってる事だろうけども「パチスロがあんまりおもしろくない」からです。
「スカイガールズ2」が相変わらずいいケツしてて痺れるくらいで、あとは書くべき事なんざなんもない。
4号機末期を体験した身としてはあの時「地獄の底を見た」気でいたけども、はたして、パチスロ地獄が二重底構造になってるとは、なかなかどうして衝撃的なり。
この状況でエントリ書いても「クソクソ&クソ」みたいな感じで、アンパサンド足しても七文字くらいで終わっちゃうだけだし、阿(おもね)って「いやークソだけどカレー味カレー味! ウンコうめぇ!」みたいな調子で盛り上げたところで、果たして誰の得になるのか考えると筆も重くなるばっかりだよ。

あと、リアルの知り合いから読まれ過ぎてるのも状況的にキツい。

前はそれなりに警戒してて「あしの」と「リアルの俺」を結ぶ線は意図的に隠したりごまかしたりしてたんだけども、なんかもう途中からどうでも良くなってバンバン個人情報出しまくった結果、特定されまくり。
てか顔出ししといて特定もクソもねぇんだけども。これはもう運営方針を間違いましたとしか言えない。
人づてに「そういえば○○がシロくんのブログ面白いって言ってたぞ」とか知りたくない情報が頻出しまくりだし、俺の苗字書き込んで「○○だろ? 久しぶり」とかキンタマがヒュンヒュンうなるようなコメントが月一くらいで来るし、これは「もしかして俺のリアフレ全員ここ読んでるんじゃねぇか?」みたいな疑心暗鬼にスッポリ落ちた。

というわけでもうスッパリと辞めるよ俺は。

文章自体は常にどっかで書いてるんで「これ完全にあしのじゃんか」みたいなの見つけたら、気軽に「○○だろ? 久しぶり」って書いてくれるとタマヒュンなり。

「5スロで稼げるか?」を書いてた3年半、幸せでした。
いままで読んでくれて本当にありがとうございます。
いろいろ投げっぱなしジャーマンで申し訳ありませんが、そのうちまたパチスロが面白いと思える時代になったら、また。

ちなみにここのコメント、メアド付きだといい事あるかも。

あしの

カテゴリー: 未分類 | 124件のコメント

治験とスロッター

巷説にある妖しげな高額バイトで有名なものといえば、やはり「死体洗い」が真先に思いつく。
曰く、プールに一杯の仏さんを一体一体洗って行く仕事らしいが、一説によると時給は数万円になるとの事。
但し、体験者の多くが、精神に何らかのダメージを負って日常生活に支障を来たすようになるとかならないとか──。
もうひとつ。
たまに聞くのが「特殊清掃」のバイトだ。
これはいわゆる「長らく遺体が放置されていた部屋」を、不動産屋か、あるいは管理会社の依頼でもって清掃する業務を指す。
考えただけで超イヤなのだけど、これも時給に換算するとかなり良いらしい。飽く迄、巷説曰く、だけれども。
「死体洗い」と「特殊清掃」──。
それらの実在に関しては置いとくとして──というか実際似たようなバイトはあるだろうけど、どちらも日本のみならず、世界各国で噂される、わりとポピュラーな「都市伝説」だ。

んで。

もう一つ、よく噂される「高額バイト」に「治験」というのがある。
これは「認可が降りる前の薬品を、その身を持って試してデータを提供する」バイトの事である。
知らない人にとってみると「そんなバイトなんぞねぇよ」みたいな感じかもしれんが、実はこれ、実際にこの世にバッチシ「存在してる」のである。
より正確に言うとこれは「医療ボランティア」という名前で、バイトというよりも「奉仕活動」の一種なのだけれど、当然ながらそれは建前にすぎず、しっかりとした報酬が出る。

いきなしホラーチックな出だしで申し訳ねえが、なんでこんな話を冒頭からブチ上げるかというと、実は俺、先日これ行ってきたんだよね。

というわけで今回はちょっと珍しい「医療ボランティア体験記」である。

予め言っとくと「医療ボランティアに関しては、そこで見聞きした事を他言してはならない」というルールがある。
ゆっちゃダメよ、という書類にもサインさせられる。
写真撮影も禁止だ。
ネット上に体験記の類が極端に少ないのもそれが原因なんだけども、要するにみんなビビってるんだよね。
だけどもう俺くらいになるとその辺全然イージー・カム・イージー・ゴーだから。
というか書いちゃダメな事はダメってわかるので、書いていい事だけ書くスタイルでトライ・オンだもんね。
ところどころゴニョゴニョするけどそこは大人の事情ということで勘弁。

では行くぜ! チケン・イット・アウト!(投げやり)

続きを読む

カテゴリー: スロ以外, 未分類, 雑記その他 | 13件のコメント

眉毛カットとスロッター

偉い人は言いました。
生物はDNAの乗り物である、と。
体質。あるいは遺伝。
呼び方は色々だけれど、我々人間を含む全てほ生きものの胎内──というよりも、細胞であるとか、染色体であるとか、そういう下部組織の中には、やたらシンプルな癖に複雑怪奇なパターンを描く設計図らしきものがみっしりと詰まっておりまして。
手前だけじゃなく、その子やら、子の子やら、曽孫やら玄孫やら──要するに子々孫々に至るまでの「形質の種」が、その発露を今か今かと待ち侘びる形で、眠ったり起きたりしているのです。

つまり。
俺が今にもハゲそうな感じなのは遺伝子のせいだし。
早くも老眼が来つつあるのもまた遺伝子のイタズラ。
若白髪なのもまた然り。
これはもう仕方のないことなのです。

今回はそんな話だ!

続きを読む

カテゴリー: スロ論 | 6件のコメント