パチ7と俺。

お仕事

パチンコ&パチスロが楽しくなる情報サイトパチ7!
新台情報から攻略情報、全国のチラシまで、完全無料で配信中!

パチ7、冒頭のコピーより。

昔からこちらのブログ(といっても一回全部消えてるけども)をご覧のみなさまの中には「そういえばあしのは今なにやっとるんだ」とお思いの方もいらっしゃるかも知れない。

確かに。俺その辺何も書いてなかった。

普通はブログって自分の仕事のプロモーションに使ったりするものなのだけども、なんか知らんが俺にとっては行き場のない創作欲求をぶち撒ける場所になってて、一時期は「○○の今週分アップされてるから見てね♪」的なことも書いてたりしたんだけども、やればやるほどマニーの臭いがキツくなる感じがして、敢えて無視しとった次第。

でもなー、よく考えたらオイラも今年で40歳だし。それ以前にフリーライターだし。

あんまりヒッピーを気取っても良い事は無い気がするので、たまには仕事のことも書いとこうと思った。俺だってたまには仕事してるからね。大体映画観てるか漫画読んでるけども。

今回はそんな話。

●ポートフォリオ。

とりあえずねぇ、俺パチンコ・パチスロ関係でやってきた仕事って実はあんまり無いのね。
パッと分かる範囲でいうと『セブンラッシュ』さんと『ニコナナ』さん。そして『ギャンブルジャーナル』さん。あとはあんまり言えない所で無記名のステマ記事書いたりとか、ゴーストやったりとか。

じゃあもうパチンコ・パチスロ系以外はさぞいっぱいあるんだろうなと思われるかも知れないけど、そっちの方は今現在さっぱり切れてて、確かに以前はもりもり書いてたけどもはやペンネームすら違う上にあんまり褒められたジャンルじゃなかったんで、どうでもいい感じだ。

んで、2016年の後半くらいからお世話になっておるのが冒頭の『パチ7』さんという媒体です。

連載開始までの詳細な流れに関しても別に隠す事じゃないので出しちゃうけど、単純に連載が切れて物書きの仕事が無くなっちゃった時に、ニコナナでご一緒させて頂いてた『砂肝』さんから「何か物書きの仕事したいなら『パチ7』の自由帳(※読者が自由に書けるブログみたいなの)になにか書くといいよ。編集長の目に止まるかも知れないから」みたいな感じでアドバイスを受けて、その通りにしたらホントに目に止まった感じです。

当時は「あ、ホントに見てんだ」というのが正直な感想だったもんだ。

んでまあいろいろあってお仕事をいただけるということになって、じゃあ問題は「何をやるか」と。当たり前だけど最初は企画書の形で「こういうのがやりたいです」みたいなのを出すんだけども、いくつか提出した中で採用になったのが、今現在まで続いてる『インタビューウィズスロッター』だったわけだ。

準備段階から考えるともう3年くらい前か……。そう考えると、感慨深いねぇ……!

●まさかここまでくるとは! インタビュー・ウィズ・スロッター!

もちろん一回も読んだことない方もいらっしゃるとおもうので一応説明しときますと、パチ7にてあしのが連載させて頂いている『インタビュー・ウィズ・スロッター』というのは、その名の通り「業界人にいろいろ話を聴かせて頂こう」というのがテーマになってる。

立て付けとして「人生設定を推測する」というのがあるんだけども実際のところそれは完全にオマケで、単純に人生を掘り下げて、読み物として楽しんで貰おうと。そんな感じの企画です。

インタビューって基本的には何らかの作品であるとか出来事のPRが目的であったり、あるいは何か大きな企画があって、そのなかの見せ方のいっことしてあったりで、実は「人生」そのものを何時間も語って貰うってのはあんまりない。インタビュー本とかの企画はあるけどね。人生をひたすら聞き続ける連載ってむしろ地味過ぎてあんまり思いつかないよ。

そして「あんまりない」からこそ、このインタビュー連載はスゲー目立った。

最初はもう、旧知の仲である「佐々木真」さんからスタートしてさ。なんなら「アキバのまこ」さんとかにお願いしてお話を聞いたりね。実はいよいよ困ってこのブログでしか名前がでてこない「オカティス」さんにまでお願いした事あるもんね(断られた)。

それでも続けていくうち「天草ヤスヲ」先生あたりからだんだん潮目が変わってきて。どんどん大物がインタビューを受けてくれるようになってさ。そんで、今ではなんと憧れの「しのけん」さんにまでインタビューできるようになったんだよ。これは我ながらすごい事だと思う。

いやーもうねぇ、夢みたいだよ。わらしべドリームだ!

これは……もちろん俺の実力の介在もゼロではない。頑張って書いてるもん。ゼロじゃない。でも一方で「誰が書いたって成功したんじゃねぇかな」という気持ちも実はある。やっぱ企画が目立ったのと、あとは編集長の力がかなりデカイから、結局のところみんな、上手くやってたんじゃないかなと、そう思うことも、無いといえば嘘になる。

まあね、もっと頑張って修行して面白いインタビュー記事を書いてってさ。「やっぱあしのじゃなきゃ駄目だね!」って、言われるようにまでなりたいなと、そう思います。

もっと頑張るゾ──!

というわけで、まだ読んだことがない方の為に、個人的な「インタビューウィズスロッター」初心者向けのリンクを3つ貼っとくんで、気になったらどうぞ。まあ文章の長さに関してはこのブログを読んでる方にとっては屁の河童くらいのもんなので大丈夫だと思う。
基本的には全員分読んで欲しいんだけども、あくまで読みやすさ重視の「初心者向け」ね。コレで世界観が気に入ったらハマってあげてください。はいドン!

俺の親父編………まさかの肉親登場。
ごみくずニートさん編……32歳の大人気YouTuberの方です。
せせりくん編……パチ7編集部員のパチンコマニアさんです。

オッケ。これ頭からケツまで読んでお気に召さない人は居ないと思う。我ながら完璧な布陣。シャッ! 眠れぬ夜のお供に! インタビュー・ウィズ・スロッター!! みんなでつながれッ! パチ7!! キャオラッ!

●パチ7と俺。

最後にパチ7さんそのものについてちょっと書いとこう。

かの媒体にはいろいろなライターさんであるとか漫画家さんであるとかあるいは芸人さんやタレントさんが関わっているんで「めっちゃ賑やかだな!」というのが最初に抱いた感想だった。そしてそれは今でも変わってない。

単純に俺が他の媒体を殆ど知らないんでそう思うだけかも知れないけど、このカジュアルな明るさは結構独特だと思う。

俺なんか普通の成人男性よりかなりチキンだし関わるのも遅かったんで最初は「これ馴染めるのか?」みたいな感じでちょっと不安だったんだけども、最初の半年くらいでだいぶ馴染めた気がする。

今では全然関係ないイベントに顔だしても、俺の事を見つけてくれたパチ7ユーザーさんが声を掛けてくださったりするし、人と関わる事が極端に少ない日常の中で、実は精神的な糧になってたりする。

まあ何が言いたいかというと、どうせみんなパチスロ打つんだから、好き者同士で繋がったほうが楽しいじゃんね。孤独を愛するスナフキンみたいなオッサンだって、たまには人肌恋しくなって当たり前。だって人間なんだもの。

だったらもう、これを利用しない手はないさ。ビバ・インターネッツだよ。

イケイケな人はとりあえずオフ会に参加すりゃいいし、ブチ撒けたい想いがある人は、自由帳に書いちゃうのもいいね。なんならコメントだけでもいいさ。むしろイイネだけでも大丈夫。ちょっとずつ仲間を作って、そうしていつ日か、日本のどこかで会えればいいですね。(多分俺ガクガク震えてるけど)

まあ、パチ7に限らずだ。好きな媒体があるなら何だって同じさ。どうせパチスロ好きなんだから。好き者は好き者同士でコロニー作ってさ。寄り添って生きたほうがいいよ。絶対に。まあ他の趣味でもおんなじだな! 鉄オタは鉄オタ同士で繋がる事でより強力な鉄オタに! ドルオタはドルオタ同士で繋がってよりパーフェクトなドルオタに! ミリオタもジャニオタも歴オタも! 他者の存在無くしては、文化なんか形成されないのさ。だから集おう。スロオタたちよ。うんざりするほど仲間はいるぞ。ゲボ吐くくらいいるんだから。きっと笑っちゃうぜ? 

──以上!
ステルスしてないステマみたいになったけど、まあ概ねそんな感じ。チャス!

コメント